シリコンバッグのトラブルと除去について

最もポピュラーな豊胸はシリコンバッグ

豊胸手術の中でも最も有名なのは、胸にシリコンバッグを挿入する方法です。
ただ、この方法はトラブルもあるというイメージを持つ人も多いでしょう。
多いトラブルは、豊胸バッグが胸の中で破損し、シリコンが流れ出て健康に影響が出てしまうというものです。
ただ、現在は豊胸バッグ自体がとても丈夫になっているだけでなく、万が一、豊胸バッグが破損した場合でも、体内に流れ出にくいシリコンというのも出てきています。
ですから、バッグやシリコンの選び方によって、健康に害が出る状態を防ぐ事が出来るようになっています。
ただ、健康に害が出ないとされるのは破損してしまった時点で、破損した豊胸バッグや胸に流れ出たシリコンをそのままにしておくと、見た目や手触りに影響が出るだけでなく、いずれは健康に影響も出てくる状態になります。
ですから、破損をしたら、豊胸バッグを取り除くという事が重要になってきます。
これは、万が一、豊胸バッグが破損しても、健康に害がないように、バッグの中身を生理食塩水にした場合も同じ事がいえます。
生理食塩水自体は、流れ出ても健康に害を与える事はありませんが、破損をしてしまったバッグをそのままにしておく状態というのは、体にとって良くありません。
更に、見た目等にも影響をする事になります。
ですから、破損をしたら除去を考える事が必要になってきます。
破損をしなければ取り除く必要がないかといえば、そうではありません。

最もポピュラーな豊胸はシリコンバッグ | シリコンバッグ豊胸のトラブル | シリコンバッグ豊胸のとらぶるを避けるために

シリコンバッグ豊胸の石灰化トラブル

とにかくバストアップをしたい!というその一心で、美容クリニックに足を運びました。 元々バストはAカップしかなく、その上左側の方がさらに小さく、左右でサイズ差があるのが悩みでした。 サイズ差の悩みを解決して、もっとボリュームのあるバストにしたい!と、高校生の頃には思い始めていました。 そして働いてお金を貯めて、豊胸手術を行いました。

シリコンバッグ豊胸を行いましたが、トラブルが起こるかもしれないという事は、事前に医師から聞いていました。 ただ、10人に1人程度なら、自分自身にトラブルが確実に起こるわけじゃないと思って、どこか他人事のように感じていました。

シリコンバッグ豊胸によってバストはFカップになり、左右のサイズ差もなくなりました。 おかげで、オシャレで可愛い下着を着けられるようになり、どんなファッションでも女性らしく着こなせるようになりました。

スタイルがいいと男女を問わず褒められるようになり、自分に自信を持てるようになりました。 おかげで、それまで誰とも付き合った事はなかったのですが、彼氏もでき、幸せに過ごせるようになりました。 トラブルに関しても、シリコンバッグを挿入してから5年ほど何もなかったので、このまま何事もなく過ごせるんだろうなあと、思っていました。

ただ、6年を過ぎた頃からバストの肌触りが悪くなってきて、何だか硬くなってきたように感じました。 その時に、これがトラブル!?と思い、急いで美容クリニックを受診し、石灰化が起こっていると診断されました。 これ以上放っておくと、もっと石灰化が深刻になるかもしれないと言われ、除去を勧められました。 しかし、除去してしまうとまた、左右でサイズ差のあるAカップに戻ってしまいます。 それが嫌で、少し考えさせて下さいと言ったところ、除去後に他の豊胸手術でバストのボリュームをキープする事を勧められました。

そして、シリコンバッグの除去と同時にヒアルロン酸注入を行う事になりました。 幸い、石灰化が深刻になる前に除去できたとあって、そこまで深刻な問題にはなりませんでした。 また、除去もヒアルロン酸注入も、どちらもほとんど傷跡が目立たないとあって、術後に傷跡を指摘されるまで自分でも気が付かないほどでした。

ヒアルロン酸注入は、注入する量で左右のサイズ差をなくせるのが気に入りました。 しかし、2カップほどしかバストアップ出来ないとあって、シリコンバッグを挿入していた時より、カップ数は小さくなってしまいました。 でも、バストの肌触りもなめらかで本当に自然なので、カップ数は小さくなっても、個人的には満足の行く仕上がりとなりました。 しかも価格が安いのが、何と言っても嬉しかったです。

数万円で左右にサイズ差のあるAカップがCカップになるのなら、これほど嬉しい事はありません。 数年で体内に吸収されてしまうとの事ですが、これだけリーズナブルな価格なら、働いてお金を貯めれば十分に継続して続けられます。

最初は、脂肪注入を検討していましたが、体型的にそれほど脂肪が取れないとあって、ヒアルロン酸注入を選びましたが、今ではヒアルロン酸注入を選んで良かったと思っています。 シリコンバッグ豊胸のトラブルが、まさか自分の身に起こるとは思ってもいませんでしたが、このように考えている女性は多いと思います。

私のように、突然自分の身に降りかかる事もあるので、関係ないと思いすぎない方が良いでしょう。 あとは、石灰化が進んで取り返しがつかなくなる前に、美容クリニックで除去手術を受ける事をオススメします。 肌触りが少しでも硬く感じるようになったら、早く美容クリニックを受診した方が、体の為になります。